書家/書道家 伊藤白水流の躍動感表現で、創作性の高い筆文字を制作しております。

躍動感

「躍動感」表現の筆文字ロゴデザイン

清々しい風を意識した表現の毛筆デザイン「令和」

看板ロゴの「一刻千金」

鯱鉾

かすれがあり味わいのある「カツカレー専門店」

躍動的で力強い「巌窟王」

隷書風デザインの氏名で「華原茂人」

動きのある作風で「無狸極兵」

当サイトで大人気の「匠」

漢字・ひらがな・アルファベットの組み合わせで「百合の香り―AKARI―」

綺麗で躍動感のある「宵桜」

荒々しく動きの表現の「山嵐」

御朱印風の毛筆書「風景依然人欲老」と神懸かり的イメージの「卑弥呼」

人名の「齊藤茂吉」

躍動する日本人、友遊

御朱印風の作風の「山空松子落」

風舞書の技法を用いて荒々しく重厚で躍動的な「乱」と美しい「雪灯り」

花開時蝶来、勝海舟

風の動きを意識した」健」

ラーメン店等の飲食店のお店のインテリアに。躍動感のある作例「この店には愛がある 何故かこの味 明日の元気につながる」

力強く躍動感のある墨書「飛車角」

躍動感表現
白水流の中の躍動感表現は、書家/書道家 伊藤白水の商標登録している風舞書(ふうぶしょ)に由来する筆文字デザインです。風舞書は、風の動きを意識して文字全体もしくは部分的に風の動きを表現したものです。その風舞書の中には、力強い・高級感・穏やか・素朴等々の表現を試みて創作活動をしております。

 

一般的に、人は歳を取ると躍動感が失われてきます。中には例外として若者のような方もおられますが・・・。 とかく躍動感は若く見えます。それはエアロビクスや社交ダンス等にも現れています。

書道では躍動感表現も若く感じられます。隷書の八分のように波法から繰り出す波磔は、躍動感があります。私の場合、躍動感表現には主に風舞書の技法を用います。それを基に「感情・感覚・らしさ」を取り入れ、様々に躍動する表現をするようにしています。

風舞書は自然にある花・草・木、あるいは風の動きを取り入れています。それによって上の作品になりました。例えば、「飛車角」や「乱」のように部分的に小さな動きの中に力強さを取り入れたり、「嵐山」のように全体としての動きの中に力強さがあったり、また「百合の香り」のようにそよ風が優しく吹いているような動きをイメージして制作したり、御朱印文字風の「山空松子落」のように読みずらい書風や「花開時蝶来」のように読みやすい御朱印風文字を載せた当サイトでは、多くの作品を掲載しておりますが「躍動感表現」のご注文数は、毎月ベスト5に入っております。クライアント様が筆文字を外部委託しようと、私にご依頼をいただいた時は、風舞書の原理・原則をモチーフにして制作するようにしています。

 

なお、風舞書による文字のデザインはお部屋のインテリアにも使われております。

ご注文・お問い合わせ