「躍動感」表現によるオリジナルの筆文字ロゴ制作のご注文を承っております。

躍動感

「躍動感」表現の筆文字ロゴデザイン

まずはお客様を幸せいっぱいに

漢字仮名交じりの文章で躍動感のある表現
【まずはお客様を幸せいっぱいに】

躍動感の中に美しさを取り入れた表現もできます。

匠
白水的八分で躍動感のある表現
【匠】

刀鍛冶職人のすごさをこの「匠」に表現したく制作に取りかかりました。
一画一画線を引くのに呼吸を止めました。また躍動感だけではなく高級感やカッコいい表現、堂々とした表現等も入れることもテーマにして書きました。

牛若丸

行・隷書的で躍動感のある表現1
【牛若丸】

使い古した筆で、線に割れが入っても気にせず決して綺麗に書こうとはしない筆文字デザインです。
躍動感には柔らかい表現ではなく、様々な雰囲気を揮毫できます。この筆文字は、行書の中に隷意を取り入れました。線の強さに粘りを入れるため撚筆も用いました。

卑弥呼

隷書的で躍動感のある表現1
【卑弥呼】

私は、躍動感を毛筆で表現するのに長いうねりの効いた波磔を用いることにしています。伸び伸びとしたイメージで書きました。

猿

隷書的で躍動感のある表現2
【猿】

安定した三角形の構成をとり、その中に爆発するエネルギーの表現を試みました。
飾りの部分は、筆が割れたりかすれたりする事に躊躇せず息を止め、一気呵成に収筆へと向かいました。全体的に隷意のある毛筆デザインに出来たことは、逞しさだけでなく力強さも表現できたと思っております。

勝海舟
行・隷書的で躍動感のある表現2
【勝海舟】

男らしく堂々と、行書体を基調に隷書の波法や波磔を取り入れデザインしました。
オーラを見ることが出来る人がいたならば、勝海舟は頭の先から足の先まで物凄いオーラを発していたことだと思います。その様なオーラを表現することは出来ませんが、そんなすごい人物を想像して筆は柔らかめの混毛を使い創作しました。

夏の贅沢旅

漢字仮名交じりの横書きで躍動感のある表現
【夏の贅沢旅】

の躍動感表現は、隷書八分からヒントを得て長い波磔にすることにしています。この長い波磔の部分を私なりに「飾り」と称しております。やがて、この飾りの部分が八分に留まらず楷・行・草・篆書のあらゆる書体のデザインの基礎としております。
書はバランス芸術と言われる中で、古典の書と現代のデザインを融合させバランスを取ることは非常に難しいと思いますが、今後この課題に取り組んで行き、書の新天地を開きたく楽しみながら筆を持っております。

ご注文・お問い合わせ