美しい表現によるオリジナル筆文字ロゴ制作のご注文を承っております。

美しい

「美しい」表現の筆文字ロゴデザイン

風薫る・・・美しい手紙文

手紙文で美しい表現1
【風薫る季節となり 今年も新茶を送りました 美香にも分けるように 父は来月上京します】

が毛筆で手書きの手紙を書く時、ほとんどこの様な書風にしています。美しい手紙を書くときは文字の大小等の変化をつける様にし、これこそがフォントには無い美しい表現となるような手紙にしたいと思っております。

雪降る峰

漢字仮名交じりで美しい表現1
【雪降る峰】

楷書体の、この文言は縦に揃えたとき峰に雪が降る表現は難しいものです。雪の持つ冷たさの中に柔らかさを表現するのに、筆選びに時間がかかりました。
筆文字デパートでは、お客様の利便性を考えご採用の筆文字はパッケージや看板、CDジャケット、サイトロゴ、スマホケースなど様々な用途に繰り返しご使用いただけるように設定致しました。
手書きによる和風の筆文字を、多くの方々に喜んでいただけるよう一生懸命制作致しております。

真実一路

楷書体で美しい表現1
【真実一路】

墨文字の美しさは色々あります。結体の美しさ、線の美しさ、空間の美しさ、墨色の美しさ・・・等々。
この筆文字ロゴは当サイトの「力強い」表現にある様な、力強さが表面化している作品とは違い力強さを内蔵する、そんな意図を持って書きました。

冬の星座

漢字仮名交じりで美しい表現2
【冬の星座】

冬の星座はとても美しく、寒ささえも感じます。天空から伝わってくる、その美しさや寒さを毛筆で表現するのに必然的にかすれを入れました。
この筆文字ロゴは行書をデザインしましたが、基本の「内方外円」等は無視し自然のままに運筆しました。気脈や筆脈なども全く意識せず、ただ寒さの中に美しい満天の星が広がっていることをイメージして書きました。

雪のふる街

漢字仮名交じりで美しい表現3
【雪のふる街】

「東北の冬は寒いでしょう。」と言われたことが何度かあります。雪の降る日などは時として寒さを感じないことがあります。
松尾芭蕉の句を借りて言うなら「うまさうな雪がふうはりふうはりと」そんな、綿のような雪が私は大好きです。よく口を開けて空を見上げたものです。そんな時はいつも寒いとは思いませんでした。長靴には分厚い中敷を入れ、身には防寒着を纏って走るとよく汗をかいていました。冬は寒いと断言できません。銀世界に広がるその光景は、寒さというよりは美しく、心温まるものさえ感じます。
この筆文字デザインは、寒さよりむしろ暖かさを表現しようと思い出来るだけ筆先の表面化を避けるようにしました。送筆はふうわりふうわりと降りてくる雪をイメージし、楽しみながらゆっくりと行いました。

艶麗花

漢字で美しい表現
【艶麗花】

美しい表現には軽やかに動く様、連綿を使った仮名書道、細い線の行書がのイメージするところです。
この「艶麗花」においては、「艶」と「麗」の画数が多いので必然的に細い線が多用されます。「花」以外は行書的にしましたが、この作品から飾りの部分を取ったら味気ないものとなります。毛筆によるデザインは無限に広がってきますが、この作品で最も大事にした点は美しさに加え躍動感の表現でした。

戦場の棋士

漢字仮名交じりで美しい表現4
【戦場の棋士】

この筆文字デザインは、楷書体です。楷書体は結体・起筆・送筆・収筆等を変化させることによって種々の書風へと変化します。
この作品の起筆は、日下部鳴鶴の書風を応用しました。また美しさの中に凛々しい表現をする為に筆圧から繰り出す送筆から一気呵成に収筆へと運筆するようにしました。作品として全体に細くなりましたが、白い部分に圧倒されない強い線質にすることにも心がけました。

タイトルやエンドロール、字幕など可読性を重視した楷書体や行書体のご依頼も承ります。既存フォントとは異なった、手書きの毛筆をご依頼ごとに制作いたします。

初春のおよろこびを申し上げます

手紙文で美しい表現2
【初春のおよろこびを申し上げます】

中国は、漢字という素晴らしい文字をつくりました。その漢字が日本に伝来し、日本人がひらがなをつくり出しました。仮名の美しさは連綿にもあります。この作品は、単調にならない様に連綿に限らず文字の大小をつけ重ね書きをして変化に富むものとしました。なお、気脈・筆脈も大切にしました。

華流
行書体で美しい表現
【華流】

美しい表現に最も適している書体は行書だと思っております。この場合、気脈・筆脈を大切にしましたが併せて文字と文字の接点を小さくしました。また、単調にならないよう撚筆も加えました。

菜の花
漢字仮名交じりで美しい表現4
【菜の花】

花の名前を筆文字ロゴにした制作例です。
バレリーナは静止の状態より、動の状態の方が美しく見えます。私は、筆文字で美しさの表現をするのに最も効果的なのは風舞書による風の動きを意識した表現だと考えております。その動きの中には、力強さや寂しさやダイナミックさ等々、様々な表現方法がありますがここに掲載しました「菜の花」は軽やかに風の動きを身に任せている姿を表現することを試みました。

書道家 伊藤白水のプロフィール 店舗ロゴ 躍動感 力強い 高級感 美しい 大らか 争い 凛々しい 炎 ダイナミック 激しい 重厚 シャープ 味わい深い リズム トゲトゲしい 古風 素朴 瑞々しい 柔らかい 揺れる 活気 寂しい 御朱印風 はんこ 役を演じる筆文字の力 デザイン書道 風舞書 筆文字パフォーマンス動画 書道家 伊藤白水の掛け軸作品 筆文字表現の選び方 筆文字デパートのブログ 文章