筆文字デパート | ブログ

最新情報

デザイン書道筆泉から筆文字デパートへ

2019.07.30

「筆文字デパート」として営業しておりますが、まだ5年ほどしか経っていません。なぜ、「デザイン書道 筆泉」から「筆文字デパート」と改名したかと言いますと、古典、書道大学、諸先生方から知識を得、一本の線で「感情・感覚・らしさ」を表現する事の楽しみを覚え、もしかしたら数十種類もの「らしさ」の表現が出来るかと思い、追求して参りました。

5年ほど前に古典のいろいろな書風を応用して仕事の発注元から商用利用としての 毛筆書体を書くようになりました。

習字と書道の境界線は判りませんが、今、私の毛筆書体は一般的に言われる習字とは 大分かけ離れております。

今、社会が求めているのは、スタイリッシュな筆文字が大半の様です。パッケージ等では学校で習ったような毛筆書体は大分影を落としました。「筆文字デパート」では、「感情・感覚・らしさ」の表現バナーが32種類ありますが、開拓の余地があると思っております。

この度、「有里の泰月」の躍動感ある表現を試み近日中に公開する予定です。

 

10年ほど前まで主宰者として「諸流派書道展」等を含め数々の書道展を開催して参りました。そこで得た知識は、一般的な文字はほとんどの人は足を止める事はなく、一口で言うと、スタイリッシュな筆文字作品は足を止める人が多く、他の書道展ではなかなか見られない大勢の人が会場に居ました。

中には午前中一時間ぐらい、午後も来て一時間ぐらい会場におられた人は数十人もおりました。よく言われたのは「この展覧会は飽きない」という言葉でした。

 

その様な訳で私のホームページはある種の飽きない書道展となっております。書家・書道家 伊藤白水の「筆文字デパート」は展覧会のつもりでおりますので、一人でも多くの方にお誘いをして頂きたいと心から願っております。

筆文字デパート TOPページへ