力強い表現によるオリジナルの筆文字ロゴ制作のご注文を承っております。

力強い

「力強い」表現の筆文字ロゴデザイン

武道

隷書的で力強い表現1
【武道】

一見、波磔だけを見ると雰囲気が力強い表現の「巌窟王」に似ている様に見えますが、刺々しさや強烈なデザインを感じる「巌窟王」と比べ、この「武道」は必要最小限の細い線を入れました。また、目立つかすれを入れたり元気表現や頓挫を入れることで個性的な表現とし、之繞は隷書を用いました。

この様に「力強い」を表現する場合、他の表現方法と組み合わせて新しい力強さの表現となります。従って、「力強い」表現はクライアント様に選んでもらいたいと思っております。例えば「ダイナミックな力強さ」「躍動感の入った力強さ」等々です。

姿三四郎
楷書的で力強い表現1
【姿三四郎】

この筆文字ロゴは、映画のタイトル(題字)をイメージして書きました。
文字を書くのに筆という道具を誰が考案したのでしょうか?こんな素晴らしいものを作ってくれた先人に感謝しています。私の筆文字創作の始まりは与えられた文言についてイメージすることです。
姿三四郎については「力強い柔道家で貫禄があり古風で技には非常に洗練され、また人間として味わい深い」その様なことをイメージしました。筆の力を借りれば全ての文字は「感情・感覚・らしさ」の表現が可能となるかも知れません。
大型デパートがある様に、筆文字の大型デパートを目指したいと思っております。
当サイトで最もご依頼をいただくことの多い「力強い」筆文字表現は、看板やラッピング電車、パッケージ、歌手のCDタイトル、テレビ番組・・・等々といった様々な分野でご利用いただいております。

西南の戦い
動きで力強い表現
【西南の戦い】

瞬間、瞬間を見たとき動かない画像に過ぎません。しかし、時は常に流れています。西南戦争はもう、とうに過ぎ去ってしまいました。その過去から今日までの時間の流れを表現するのに一般的な習字や書道では表現することが出来るのでしょうか。
筆文字の力は、時間の流れさえも感じさせるものがあると私は思っております。作品には隷意を取り入れました。

妖しい鉄刃
楷書的で力強い表現2
【妖しい鉄刃】

筆文字で「力強い」を表現するのに最も簡単な方法は、送筆を方筆にすることだと思っております。この筆文字ロゴは「龍神」と同様に円筆も入れてみました。「龍神」の筆法と違うところは、礼器碑を書く要領で送筆を試みたところです。細い線でも簡単に折れそうにもない、そんな強靭な送筆にチャレンジしました。

炭蔵
隷書的で力強い表現2
【炭蔵】

筆文字で力強さの表現を行う場合、力強さの度合いも考慮しなければならないと思います。この作品は、命毛までにも力を入れる必要が無いと判断しました。
この文言からして、もっとかすれた方が良いと思いますがその辺りはクライアント様に任せるようにしています。

弁慶
隷書的で力強い表現3
【弁慶】

力強さの表現方法は種々あります。基本的には方筆が良いと思います。この、方筆による力強さの表現は色々な書体に取り入れることが出来ます。ここに書いた「弁慶」は隷書の中でも波磔の短めの張遷碑を取り入れました。送筆には頓挫を入れ、このことにより味わい深く力強さを更に強調するよう心がけました。

伊賀流忍者の里
漢字仮名交じりで力強い表現
【伊賀流忍者の里】

筆文字で力強さを表現しようとした時、書こうとする文言に合った筆遣いを考えます。そして、この「伊賀流忍者の里」からイメージしたものは以前に学んだ空海の書でした。書道字典に出てくる「光」―私は、その「光」の最後の画が上に向かって長く力強く伸びているのをはっきりと覚えています。
この筆文字は、空海の「光」を参考に仕上げたものです。なお、書体は楷書体にしました。

巌窟王
楷書的で力強い表現3
【巌窟王】

この小説の主人公のモンテ・クリスト伯の生涯は、紆余曲折そのものでした。 私は、筆文字作品をデザインするにあたって全てイメージすることから始めています。 この主人公を表現するのに「力強い」以外に考えられませんでした。 ありきたりの一生を終えることが出来なかった主人公を表現するには、この様な結体や筆法しか浮かんできませんでした。

瀧
行書で力強い表現
【瀧】

私は習字と書道の境界線を知りません。表題に記してある「力強い表現」これに関して言えば、力強いか力強くないかの境界線はありません。この「瀧」を書くのに瀧のしぶきを書くことも考えました。しかし、その時の自分の心は瀧の持つ外見的なものではなく、内面にある力強さを表現したいと思いました。ただ一心にかつて見た華厳の瀧の様な、荘厳な力強さを秘めた瀧だけを考え思い切り筆を走らせてみました。結果この筆文字を瀧と読んでくれる人は、そうざらにいないと思っています。

清州城

懸針で力強い表現
【清州城】

筆で文字を創作することは楽しいものです。この筆文字ロゴは、空高く聳える城のある風景を清々しく繊細に表現することを心掛け、遠近法を取り入れた「州」の縦画は石垣をイメージしました。また「清」は風が左上から右下に吹く様子を、風舞書(ふうぶしょ)®の技法を取り入れて絵画的に制作しました。
しかし、この作品の難点はご注文いただく文言に構成上、応えることが出来ないことです。ただし起筆・送筆・収筆はこの様に出来ます。

龍神
隷意ある行書で力強い表現
【龍神】

左方向に進む龍があり、その上に神が乗っている様子を筆文字で挑戦しました。龍を行書体による風舞書の技法を使うことにより何とか龍に神が乗っているように見えるような気がします。
仕上げの印は、もっと大きな遊印の方が良かったような気がします。

書道家 伊藤白水のプロフィール 店舗ロゴ 躍動感 力強い 高級感 美しい 大らか 争い 凛々しい 炎 ダイナミック 激しい 重厚 シャープ 味わい深い リズム トゲトゲしい 古風 素朴 瑞々しい 柔らかい 揺れる 活気 寂しい 御朱印風 はんこ 役を演じる筆文字の力 デザイン書道 風舞書 筆文字パフォーマンス動画 書道家 伊藤白水の掛け軸作品 筆文字表現の選び方 筆文字デパートのブログ 文章