筆文字デパート | ブログ

最新情報

【商用可能】NFT筆文字アート作品販売のお知らせ

2022.07.07

Adam byGMOにて出品販売予定の風舞書「笑シリーズPart1」。書家 書道家伊藤月山によるNFT筆文字アート作品。
日本で初めて日本円でのNFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)が購入できるNFTマーケットプレイスの『Adam byGMO』様で、近日中に風舞書(ふうぶしょ)によるNFT筆文字アート作品を出品販売いたします。
今回出品するのは「笑シリーズPart1」と「龍シリーズPart1」の2点です。どちらの作品も、NFTとしては珍しい商用利用が可能です。※ご購入者様(アイテム保有者様)は利用規約の範囲内でご使用いただけます。利用規約の詳細、販売開始日が決まりましたらブログにてお知らせいたします。
【 使用例 】
・スマホケース、キーホルダー等のグッズにして販売する
・ユーチューブ、テレビCM、映画等で使用する
・HP、SNS、ブログ、に使用する

【 笑シリーズPart1について 】※このNFT作品は20名様限定販売となります。
一般的な書道としての芸術とは異なり、絵画的要素を取り入れたアート作品です。
落成款識をハードルに見立て、「笑」の文字を擬人化し、こどもの「笑」がハードルを飛び越えていく様子をアニメーション化しました。

【 龍シリーズPart1について 】※このNFT作品は1名様限定販売となります。
White Dragons are auspicious.
And they serve the emperor of heaven and fly very fast in the sky.
この作品は、漢字の「龍」を龍の姿かたちにして、それを白色にして白龍とし、天空を勢いよく飛んでいる様子を表現しました。これによって、白龍の本来持つ意味の縁起の良さと龍の中で最も速く飛ぶという点を重要視して創作しました。

【 伊藤月山が考案の風舞書(ふうぶしょ)®について 】
風舞書とは、私が特定の文字を「感情」「感覚」「らしさ」に分類し、その文字からイメージしたものを風の動きの方向や風の強弱を私独自の手法によって創作したものです。
今、手がけている毛筆フォントは意思の伝達のための文章や、一文字一文字がロゴに使用しても違和感のない様に、その範囲での動きの表現の筆文字デザインを制作しています。このフォントは、常用漢字・ひらがな・カタカナの全て等が含まれ、あと数か月で販売予定です。隷書の八分、古隷が基本となっていますが、この毛筆フォントも風舞書であることは間違いありません。
筆文字デパート TOPページへ